住宅ローンの返済ができない、厳しいときは専門家に相談しよう。

いろいろな対策があることは分かりましたが、実際、自分にとってどのような方法をとるのがベストなのかについては、あなた自身がおかれている状況によって大きく変わります。

厳しい・・・わからないときは専門家に相談をしよう

  • 今後の収入の見通し
  • 今後の支出の見通しや節約の余地
  • 現在の住宅ローンの残高
  • 現在の住宅の価値(市場価値)
  • 現在のローン金利

様々な要因で、取るべき戦略は変わってきます。

住宅ローンの返済が厳しい、今後の返済について不安があると感じている方は、できるだけ早い段階で あなたの街の相談窓口をご利用ください。
相談をしておくことによって、最悪の事態を防ぐことができる可能性は、かなり大きくなります。

ご相談お待ちしています。

住宅ローンをすでに滞納されていて、ある程度の時間が経ってしまっている方、手遅れにならないうちに、一刻も早くご相談ください。プロの私たちが、あなたに最適なアドバイスをさせていただきます。
あなたの街の相談窓口

担当紹介

東京 池袋 相談窓口

相談員:宮崎 代志美(みやざき よしみ)

住宅ローン、もう払えない。 限界だ。
そのとき、
「知識がありかつ信頼できる人」に相談できるか、できないかによって、
あなたのその後の人生が決まるといっても過言ではありません。

私は、およそ10年ほど前、自身経営の事業で失敗し、
住宅ローンの返済が滞りました。

当時は本当に苦しかったです。
売却しても、ローンが、多額に残ってしまう状況でした。

当時の私は、このような状況からの打開策が、まったく見当たりません。
また、提案のできる信頼のおける専門家方も知りませんでした。

近隣の不動産業者に売却の依頼をしましたが、私の希望額で売却できるはずもなく、
月日が、瞬く間に経過し、自身の自宅は競売手続きが開始され強制的な、法的手続きに移行してしまったのです。

その結果、自分自身は当然ですが、家族に悲惨な経験をさせてしまいました。

あれから10年が経ち
当時、私が、住宅ローンの返済に困ったときの対処の知識をもった専門家を知っていたら、競売に移行することはなく、私と私の家族は、悲惨な経験をしなくて済んだと思っております。

大変、後悔しております。

そこで、現在、私は、住宅ローンの返済に困った方が、一人で悩み、私と同じ苦しい経験を決してしてほしくないと、心から思っております。

住宅ローンの返済に困ったときは、
解決策の知識と経験のある信頼できる方に相談することが
最も大事なことです。

ですから、あなたも早めに専門家に相談をしてください。
そうすることによって、本当に選択肢が広がります。

当然、これまで経験したことがないあなたが、一人で悩んでいても解決しません。

一時しのぎで、カードローンを借りて
とりあえず今月分の住宅ローンに充てる、
ということも絶対にしないでください。

そんなことしても事態は悪くなる一方です。

誰でもイレギュラーは起こります。
でも、そうなった時こそどう動くか
それが大事ですよね。

適切な行動によって、その後の人生は必ずまた良くなります。

私たちにお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

相談担当員
お電話でのお問合せはこちら 電話受付:9:00~18:00
メールでのお問合せはこちら メール受付:24時間 (返信は遅くとも1日以内)